2016年5月21日土曜日

オランダ人が知っている花は、3つだけ?



 ロイヤルFHは、今年の3月に消費者の意識調査を実施し、その結果を発表した。なお、この調査はロイヤルFHの長期プロジェクトの一環で行われている。

 18歳から75歳の1,000人以上のオランダ人にいろいろな花を見せ、花ごとの好きな色や、どの花がどの季節に咲くのか、どの花が好きでどの花が嫌いか、など、様々な角度から花との関わりについてのアンケートを実施した。また、花を買う機会や買う場所についても調査した。

「ネーデルランドはフラワーランド!」(’ネーデルランド’はオランダ語でオランダのこと)
 少なくとも、これが一般的に言われているオランダのイメージだ。しかし、ロイヤルFHが行った調査の結果からは、そのイメージは浮かんでこない。調査協力したオランダ人の約70%が、アンケートで見せられた花の写真のうち、チューリップとバラ、ひまわりの名前を正しく言えたのである。他の花については半分以下の正解率で、花への認識が低くなっていることが明らかとなった。

 ひまわり、チューリップ、バラ。これらの花を知っている、と答えた18歳から75歳のオランダ人は約85%。この次にはもっと低い割合で、スイセン、ヒヤシンス、カーネーション、切り花アジサイが続く。
 調査に協力したオランダ人の70%は、トップ3の花については、写真を見て正確に花の名前が言えた。しかしこの他の花は、知っているけど名前が分からない、という反応が多かった。スイセンとヒヤシンスで60%の正解率、フリージアとガーベラは50%の正解率であった。
 これ以外の花になると正解率はもっと低くなったが、例外はカスミソウで、花の名前リストを見せただけだと41%の人が知っていると答えたにも関わらず、写真を見せたら61%の人が正しい花の名前を回答した。

 この他、多くのオランダ人は、花のかたちが似通っている、と思っていることが分かった。例えば、カーネーションをバラと言ったり、ラナンキュラスをバラやシャクヤク、ダリアと答える人も多かった。
 この他に似通っている花々は、キク、アスター、マーガレット。リモニウムをラベンダーと答えたり、トルコキキョウをカーネーションと答えたりする人も多かった。

 FHは2014年にも同様の調査を行っている。当時もトップ3はバラ、チューリップ、ヒマワリだったが、花を知っている人は90%、写真を見て正確に名前が言えた確率は80%だった。他の主要な花に関しても同様な数字の動きから、今回の調査結果は、オランダ人の花についての認識・知識が落ちてきていて来ていることを示している。
(2016年5月17日Bloemenkrant)

~~~

案外とショックな結果です。
街中にあれだけスイセンが雑草のように植わっているのに、きっと黄色の塊か雑草にしか見えてなかったのか。
でも、最近は、花だけを見るとバラと見間違うようなラナンキュラスもあるので、少しは仕方ないかもしれませんね。


キューケンホフ公園だって、チューリップばかりではありません。

4月

5月

え、キク?とまじまじ見てしまったキクの切り花

2016年2月13日土曜日


オランダのバラ生産、アフリカ産と競合し15年間で大幅な減少

オランダ統計局の発表によると、オランダのバラ生産者数は、2000年には765件あったのが2015年には120件まで減少した。この減少は主に、アフリカのバラ生産と大きく競合したのが原因である。

オランダ国内のバラ生産面積も大幅に減少している。2000年には932ヘクタールあった生産面積は、2015年には283ヘクタールまで落ち込んだ。その一方で、一生産者あたりバラの生産面積は、1.22ヘクタールから2.36ヘクタールと広くなっている。
生産地域別にみると、南ホーランド州での生産が全体の3分の2を占めており、生産の盛んな地域トップ10のうち、7つまでが南ホーランド州に集まっている。

オランダのバラの輸入額は、2000年頃は2億1千6百万ユーロだったのが2015年には5億7千5百万ユーロまで増え、そのうちの70%はアフリカ産となっている。そのアフリカでは、多くのオランダ人生産者がバラ生産に携わっている。また、輸入バラの95%はオランダのマーケット向けである。

バレンタイン向けだと思うけど、一体どんな人が買うのかなぁ。

(2016年2月12日 Nu.nlより)

2016年1月17日日曜日

オランダ、2015年の花卉輸出高、過去最高の56億ユーロ

 オランダ花卉輸出卸業協会によると、2015年のオランダの切り花、グリーンの輸出高は、予想を超える56億ユーロとなり、過去最高となった。 為替の大きな影響や、鉢物の動きの鈍さ、販売先国ごとの大きな違いなど、様々な要因がある中で、卸業各社は柔軟かつ能率的にマーケットに対応した結果と言えるだろう。 

 2015年12月の売り上げ高が予想以上に伸びて4億4千4百万ユーロとなり、輸出総額を5%以上も押し上げた。2015年12月の売上高は、月間売り上げ、四半期売り上げ(前年比6.1%増)、年間売り上げで記録を更新した。 予想されていた2015年の輸出総額は、前年比3.4%増の55億ユーロであった。

 2016年1月14日VBG.NL

 ~~~~

超超久しぶりに、ブログを書いています。 
 2015年はなんと一度もこちらにアップしていませんでした。 ちゃんと生きていて、それなりに記事も読んで、仕事もしていたんですけど。。
  こんなに何にもアップしていないブログのくせに、なぜか訪問者は(引っ越し前のブログも含め)いらっしゃる。ありがとうございます。
  書かなくても覚えてられる!って思いながら記事を読んで、やっぱりいろいろ忘れています(汗)。
 とりあえず、以下、自分自身の備忘録です:

 F市場の2020戦略。
 財務部長突然の辞任。2月末まで。 
キクの水耕栽培実験。
 球根栽培とドローン。 
チューリップデー。 バラとLED。

 うう、、これ以上覚えてない(泣)。
 今年の目標になるか?!ブログの更新、頑張ります。

2014年11月18日火曜日

IFTF2014 その3

最後のアップです~。

いつの頃から、ブースの背景(パネル)に人の写真が少なくなりました。
代わりに、商品と関連のある風景や商品そのものが目に付きました。
FHでも同じ印象だったので、動いていないようでも時代はやっぱり動いているんだな、と
数年越しの変化を実感しました。

プリザーブドはここ数年定番商品



花束加工の機械。ここ1社だけですが、出展してるとなんだかホッとする(笑)


日本だったら支柱立てて観賞するようなサイズの菊。
ロシア人が好きな花。




おなじみのハート@レッドナオミ。シンプルなブースになりました。

イベントルームでは、フラワーアレンジのデモンストレーション中。
毎回何処かのスクールかフローリストがやっています。今年はどこだったのかな。
B校でやっていた花いけバトル、ここでやれば面白かったのに。。。
あ、でも、客層が違うかもしれませんね。FHの方が良いのかしら・・・。


来年も既にヤル気のIFTF。一時は翌年の告知をしなかっただけに、
今回の展示会は、準備段階から成功の予感がしていたんだろうなぁ。

IFTF2014 その2

ブースの装飾の様子など。
FHトレードフェアと比べると、素材そのもの=切り花の姿かたち、を見せているところが圧倒的。
生産者が考える商品提案と種苗会社のそれとは、やっぱり違いますね。











2014年11月17日月曜日

IFTF 2014 その1

今年で早や5回目となる、IFTF。
今までの中で一番活気がありました。
発表によると、来場者は昨年よりも5%増の24,258人だったそうです。
今年は、増設テントには、機械系の業者ではなくレストランが入りました。なので、昨年より会場が回りやすかったし、ブースはどこも小さめで、装飾も華美過ぎず質素過ぎず。
久しぶりに見る社名があったり、行政(?)が入って業者をまとめているいるブースがあったり。
もちろんお馴染みの業者も多かったです。
RAIで開催していた頃の活気ある時代を思い出しました。












FHトレードフェア2014 その4

鉢物生産者編。

昔ながらの展示方法をする人は本当に少なくなりました。


各種品目を揃えた生産者のグループ。今まで市場や花き協会がしていたプロモーションの形が、ここに。

思わずカメラを向けてしまった、インパクトのある展示。
鉢カバーに香料が沁み込ませてあります。

オランダでこういうタイプの可愛い商品に出会えるとは!笑

多肉祭り


球根生産者の商品提案。
もちろん、花芽付き球根が中心です。
色々なタイプがあって、展示方法も色々。
進化してます。